人気のカラコンを徹底比較
カラコン比較 > 基礎知識 > カラコンの色素にまつわる危険性とは?

カラコンの色素にまつわる危険性とは?

Pocket


金属アレルギーの危険性

カラコンには金属物質が含まれています。
これってほとんどの人達が知らないことではないでしょうか?
現在のカラコンは、サンドイッチ製法が 主流になっている ので、色素が目に触れない様に工夫されています。
しかし、何らかの原因によって色素が目に付着してしまうと、金属アレルギーを引き起こす可能性があるのです。
特に海外で生産された カラコンを使う場合は 注意しておきましょう。
日本で販売されているカラコンは、厚生労働省の許可を得ているので 安全性が高いのですが、 海外のカラコンはそうとは限りません!
金属アレルギーを持っている人は 日本製のカラコンだけを利用するようにしましょう。

カラコンの色素が漏れる可能性がある

カラコンには いろんな 色素 が利用されています。
その 色素が漏れてしまう場合があるのです。
どういう時に漏れてしまうかというと、 次の様なケースが考えられます。

・ レンズの劣化
カラコンのレンズは、必ずしも頑丈に作られているとは限りません。
健全に利用していても劣化していくものですし、 間違った利用仕方をしていれば余計に劣化していきます。
そうすると、色素部分がだんだん露出してしまって、 色素が漏れる可能性があるのです。

・ こすり洗いのしすぎ
カラコンをケアする時には、少なからずこすり洗いをしなければいけません。
しかし、こすり洗いをしすぎると、レンズが劣化してしまい、色素が漏れることがあります。
強く洗いすぎて いるのは問答無用なのですが、 優しく洗っていても回数を重ねると漏れることがあるんです。
この辺りは、そもそものレンズの品質に左右される 場合も多いので 、必ず レンズが弱くなってしまうとは言い切れません。

色素が漏れるとどうなるのか?

カラコンの色素が漏れていることに気付かずに 装着してしまうと、 眼球に色素が付着する 危険性があります。
もしこのようなトラブルに陥ってしまった時は、 水ですすぎ洗いをしてから、 眼科に通うようにしましょう。
「 洗ったら落ちたから大丈夫だろう」と 勝手に決めつけてしまうのは危険ですよ!

基礎知識

カラコンレポ