人気のカラコンを徹底比較
カラコン比較 > 基礎知識 > カラーコンタクトのサンドイッチ製法とは?

カラーコンタクトのサンドイッチ製法とは?

Pocket

カラコンでは スタンダード になっているサンドイッチ製法とは?

カラコンを作成する時には「サンドイッチ製法」という 作り方 がスタンダードになっています。
具体的にサンドイッチ方法はどういう作り方なのか?と言うと、2つのレンズ素材の間にカラコンの色素部分を閉じ込める 作り方です。
一昔前までは 一つのレンズに 色素部分を装着していましたが、 「とある理由」をきっかけにサンドイッチ製法が生まれる様になりました。
その理由については、次の「 メリット」 に関する項目で触れていきましょう。

サンドイッチ製法のメリットについて

サンドイッチ製法は、2つのレンズで色素部分を包んでいるため、デザインの色素 が直接眼球に触れないと言うメリットがあります。
クオリティーが低いカラコンだと、色素部分が眼球に 付着してしまうケースがあるのです 。
これは、ちょっと信じがたい トラブルだと思うかもしれませんが 、実際にこのような事は多々起こっています。
したがって、 なるべく安全性を高めるためにサンドイッチ製法が生まれたというわけです。
だから、なるべく安全性の高いカラコンを使いたいなら、「サンドイッチ製法で作られているのか?」を必ず確認してから購入するようにしましょう。

サンドイッチ製法のデメリットについて

サンドイッチ製法は、2つのレンズを使っているため、少しレンズが分厚くなっている 印象を受ける人もいます 。
それだけではなく、ちょっと硬い印象を受ける人もいるので、ゴロゴロした装着感を感じる人がいるようです。
そんな人たちは、キャストモールド製法という方法で作られているカラコンを選ぶと良いでしょう。
サンドイッチ製法よりも ライトなつけ心地を提供してくれるはずです 。
ただし、 キャストモールド製法は 、サンドイッチ製法に比べると色素沈着の恐れがあるかもしれません。
とりあえず使ってみて 、使用感に不満を覚えるようならば、 カラコンの使用は控えるべきですね。
それでもどうしてもカラコンを使いたいならば、眼科に行ってカラコン選びのアドバイスをもらうようにしましょう。

基礎知識

カラコンレポ